RFIDショップのUHF帯シールラベルは950MHz、920MHzの両方の周波数帯で使用できます。
米国エイリアンテクノロジー社は2002年に世界で最初にUHF帯EPCクラス1タグを開発しました
エイリアンのタグはチップを最もよく知るエイリアンの技術者が設計。世界最高レベルの性能を実現しています。
                                ご質問はこちらへ → info@RFID-Alliance.com
         
品 名
BAT G Squiggle SH  Squiglette  Squig HS GLINT
Pearl
SQ GT 2x2 Slimline Doc Bio SIT
Higgs3 - ALN-9654 ALN-9640 ALN-9662 ALN-9630  ALN-9610  - -   ALN-9629 - ALN-9634 - - - ALN-9613
Higgs4 ALN-9770 - ALN-9740 ALN-9762 ALN-9730 ALN-9710 ALN-9720 ALN-9715    ALN-9728 ALN-9745
ALN-9741  ALN-9714 ALN-9713
HiggsEC - - ALN-9840 ALN-9862 - - -  ALN-9816 - ALN-9828 - - - - -
アンテナ
形状

     
83mm
x32mm
93mm
x19mm
95mm
x8
mm
70mm
x17
mm
70mm
x9.5
mm
44.5mmx10.4mm 40mm
x15.5mm
27mm
x9.7mm
22mm
x12.5mm
23mm
x23mm
50mm
x30
mm
44mm
x45
mm
94mm
x5.8
mm
95mm
x8
mm
17mm
x15
mm
12mm
x9
mm
ラベル 86mm
x35mm
97mm
x23mm
98mm
x12
mm
74mm
x21
mm
73mm
x13
mm
47.5mmx13.4mm 44.5mm
x19
mm
30mm
x13mm
25mm
x15.5mm
25mm
x25mm
34mm
x54
mm
48mm
x49
mm
97mm
x9
mm
98mm
x12
mm
20mm
x18
mm
19mm
x13mm

I

     
性能


用途

>約8m >約 6m 約 5m >約 4m  >約3m >約2m >約2m 約1m 約1m  >約1.5m >約2.5m  >約2m >約2m  >約3m  0.2-0.5m 0.2m
バッテリー個品管理
ロングレンジ
車両証、マラソン
ロングレンジ
パレット、ケース
段ボール箱
IDカード アパレル
下げ札
個品
下げ札
個品
下げ札
個品
下げ札
個品
下げ札
 
個品 アパレル
下げ札
個品 図書、ファイル
積層タグ
図書、ファイル
積層タグ
成検試料、動物魚個品管理 成検試料
バイアル
 読み取り距離:      上記の読み取り距離は920MHz1Wリーダーを使用した場合の傾向値です。(貼り付け対象物、環境、条件により値は異なります。)
                  タグの横幅が大きいほど読み取り距離が長くなります。 横幅が同じタグは高さが大きい(面積が大)ほど読み取り距離が長くなります。
                  タグのサイズが小さいほど貼り付け対象物の物性(誘電率、水分率、空隙率)の影響が大きくなり、読み取り距離が低下します。→ ICタグの使い方資料
メモリー構造
エイリアンテクノロジー EPCクラス1Gen2チップ EPCglobalGen 2 (v 1.2.0)   ISO/IEC 18000-6C         ICタグの使い方資料
ICチップ
Higgs 3チップ


Higgs3 ICデータシート

     Higgs 4チップ 

     Higgs4 ICデータシー
     Higgs ECチップ 

     HiggsEC資料
周波数 860-960MHz 840-960MHz 840-960MHz
EPC
標準96 bit  (16bit~480 bit 可変 ) 標準96 bit (16bit~128 bit 可変 ) 標準96 bit (16bit~128 bit 可変 )
ユーザー
メモリー
標準512bit (512bit~128bit 可変)
64bit単位でロック(読み取り、書き換え防止)
標準128 bit
    32bit単位でロック(読み取り、書き換え防止)
標準128 bit
     32bit単位でロック(読み取り、書き換え防止)
TID  識別子+メーカー+ICモデル+UTID64bit
 E2 00 34 12 01 2F F4 00 04 18 F4 4D
 識別子+メーカー+ICモデル+UTID64bit
            E2 00 34 14 01 2A 01 00 50 3E EB 16
 識別子+メーカー+ICモデル+XTID+UTID48bit
              E2 00 38 11 60 00 60 15 00 95 E3 23
EPC初期値  CRC+PC+EPC96bit
 6C E9 30 00 E2 00 10 18 68 07 01 58 01 90 F4 4D
 初期値 EPC末尾16bitはTID末尾16bitと共通
 CRC+PC+EPC96bit
 D3 85 30 00 E2 00 31 52 56 CE C5 B0 50 3E EB 16
 初期値 EPC末尾38bitはUTID末尾38bitと共通
 CRC+PC+EPC96bit
 FD ED 30 00 E2 00 42 02 3D F0 60 15 00 95 E3 23

 初期値 EPC末尾38bitはUTID末尾38bitと共通
その他 - - ECC(誤り検出訂正)機能
ICに書き込むと同時にICが自律的にパリティ(奇数/偶数)を計算して、符号化した結果をECCメモリーに保存する。
ICを起動する度にECCメモリーの符号をもとに自律的にパリティ・チェックをおこない、エラーを検出して訂正をおこなう。
構成

仕様
インレイ(ドライインレイ)の製造プロセス シール・ラベル(ウエットインレイ)の製造プロセス 保存条件 保存期間 物理性能

 ① IC
ICの電極部分にバンブ(突起)をつけて個片にカットしたウエハーを使用する。
 ② アンテナ
ポリエステルフィルムベースにアルミ箔をラミネートして、アルミ箔をアンテナの形にエッチングした基板を使用する。

 ② ICチップボンディング
アンテナの端子に導電ペーストを塗布、ICのバンプとアンテナの端子を導電ペーストを介して熱(超音波)接合する。

 ④ インレイ
ICを接合したフィルムベースを1個づつテストして、不合格品をマーキングしてドライ・インレイの製品とする。
 
 ① ドライ・インレイのチップ面に白色PPフィルム(63μ)をラミネートする。

 ② ドライ・インレイの裏面に両面粘着テープを貼り付けて台紙(離型紙)と貼り合わせる。

 ③ インレイのアンテナ部分の2mm外側の周囲を金型で打ち抜いて、シールラベルとする。

 ④ シールラベルを全数検査、NG品を台紙から剥がして良品と交換してシール・ラベルの製品とする。
 
 シールラベル
 納品後2年
 (保存条件: +25ºC / 40% RH)
 
 屈曲直径 > 50mm、 圧力 < 5N/mm2 
 落下耐性  ASTM D5276


 ESD – HBM > 5.0kV , CDM > 1.5kV
動作環境 有害物質 有無
 -40°C to +70°C  20% to 90% RH  RoHs 2002/95/EC 準拠
このページの先頭へ

Copyright(C) 2009 RFID Alliance Corporation All Rights Reserved.
HOME / WHAT'S RFID/RFID SHOP /COMPANY / PRIVACY/CONTACT
/ ENGLISH